So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ロンドンの窓 (第2416回)

2017 6 23
梅雨の晴れ間、ビールが美味しい季節になりました。

と、夏の常套句をのたまっても、女房殿「あなた、一年中飲んでるじゃない。」
詩心の無い人は無粋でいけません。

一週間ほど前から地元で採れた枝豆を食べ始めましたが、香り、噛みごたえ、味、大きさ、今年は大いに期待できます。親しくさせて頂いているご近所の先輩は、家庭菜園というには本格的、いろいろな果物、野菜を栽培しています。もちろん枝豆も!数日前、前渡しの一番搾り持参でズ~ズ~しくも枝豆予約にお邪魔しました。今から楽しみ。

そんな中、ビール各社はノンアルコールビールを増産とか。

「働き方改革でライフスタイルの幅が広がっている。仕事を終えてからも育児や家事をこなす人も多くなり、酔わずにリフレッシュ感を味わいたい需要が増えている」そうですが…

世の中、これで大丈夫?
私はキリン派ですが、男は黙ってサッポロビール、つまみは枝豆。
日本の夏なのですよ。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2415回)

2017 6 22
7人の死者を出す大参事となった海難事故。
アメリカ海軍のイージス駆逐艦がフィリピン船籍のコンテナー船と衝突。駆逐艦乗組員7人が亡くなりました。

「イージス」という単語を初めて知ったのは、福井晴敏「亡国のイージス」
2000年の日本推理作家協会賞受賞作。

海上自衛官幹部が北朝鮮工作員と組んで反乱。東京を人質にとられた政府は困惑。天下無敵の防空システムを備えたイージス艦には、空からの攻撃がほぼ不可能。そんな中、艦内では先任伍長と彼の部下が反乱軍と対峙。死闘を繰り広げ…といったストーリーでした。

イージス艦は無敵、コンテナー船の動きは緩慢、そんなイメージがありましたので、二つの船が衝突、大破したのはイージス艦、など夢にも思いませんでした。なんとも驚きのニュースです。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2414回)

2017 6 21
どのようにお包みしますか?
自分で飲むので、包装は結構です。

スーパーのお中元コーナー。
予想通り、いつもは手に入らない「キリン9工場の一番搾りセット」がありました。350ml缶10個と500ml缶2個のセット。税別2580円。2セット抱えてレジに向かおうとしたら、親切な店員さんが小さな声で「自宅用なら、バラ売りの方が安いです。お中元商品には宅配料が含まれています。」

バラ売りだと9工場セットは置いてないので、どうしたものか迷いましたが、47都道府県の一番搾りセット(350ml缶12個入り)があります。2090円。

計算してみました。
12個で2090円なので、350ml缶1個174円。
バラ売りの500ml缶1個265円。
350ml(174円)×10個+500ml(265円)×2個=2270円。
2580円-2270円=310円。これが上乗せしている宅配料。

個人で宅配便を送ると、小さな荷物でも1000円。
さすが大口法人単価は安いですね。
ヤマト運輸が値上げしたくなる気持ちが良く判ります。

結局、バラ売りコーナーで買いましたが、お中元コーナーに書いてある「無料宅配」の文字。これって、何処か事実と違う気がしないでもないのですが…。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2413回)

2017 6 20
昨日の安倍首相記者会見。アレレッと思うほど殊勝でした。

今朝の新聞で納得。
朝日の世論調査より、読売調査の方が、内閣支持率で倍も下落していたのです。これでは安倍さんならずとも、厳しい世論の眼を意識せざるを得ません。

詐欺で大阪地検の捜査が入った森友は論外にしても、「総理のご意向」は菅さんのチョンボ。役人たるもの、いえ、役人に限らず、ボスの意向に沿わない仕事はおかしいでしょ。誰だって上司の考えを忖度しながら仕事をしているのです。

「総理のご意向には絶対従うな」という文書が役所で見つかったら、それこそ大問題。「ご意向」文書は無かったと無茶を言うから、こんなトンチンカンな国会になるのです。

共謀罪もしかり。
スマホを持った花見客まで捜査対象か、一般人とはだれを指すか、オカシナ議論に終始する野党に頼れないので、自分で共謀罪の対象となる277の罪を一つづつチェックしたところ、なんと「等(など)」が217回も登場。

「等」は「ほかには何もない」という意味だと聞いていましたし、麻生さんの口癖「とうとう」を聞くと、この意味は正しいと思いますが、それでも「等」の本来の意味は「他にもある」けど「他は何だか言いません」。そんな何でもあり、オールマイティーな単語が217回も登場するのが共謀罪です。民進党は花見客より、このあたりから攻め入ったらよかったのに。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2412回)

2017 6 18
第193回通常国会も今日が会期末。150日間の会期のわりに、どれ一つ、議論は深まらなかった印象だけが残りました。

憲法もテロ準備も女性宮家も、もっと与野党がっぷり四つでしかるべきでしたが、今の野党、特に野党第一党の民進党なぞ、詐欺の森友、出会い系バーの前川といった、どこから見ても優先順位の低いテーマにうつつを抜かしすぎ。

真っ当なテーマでは党内不一致が露呈するのは判りますが、やっぱり国政に関与する政党として、こうした姿勢はどんなものでしょう。

党首討論すら開かれていないのに、週末だからと、金曜で事実上、国会閉会。

議論が尽くされてない、説明責任が果たせてない。
毎度おなじみの文句ばかり言ってないで、NHKの日曜討論に出るくらいなら、野党から「会期末最後の週末は党首討論を時間無制限でやろう!」くらいの提案ができないものですかね。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2411回)

2017 6 17
昨日16日、天皇陛下の退位特例法が官報に掲載、公布されました。
特例法施行日は「公布から3年以内」「施行日が退位日、即位日」なので、いよいよ退位が秒読みとなったわけです。6月16日。ある意味、歴史的なターニングポイントの日となりました。

巷の予想では、来年2018年12月のどこかの日を「施行日」とし、2019年元旦から新元号適用が濃厚とか。

そして今日17日、海の向こうイギリスはエリザベス女王の公式誕生日。
私も何度か見物しましたが、軍楽隊の演奏、騎馬隊の行進などロンドン中心地で賑々しく開催されます。古式豊かというより壮麗、厳かというより華やか。

女王の本来の(という言い方も変ですが)誕生日は4月21日。91歳です。
ロンドンの4月は雨模様の寒い日が多く、そうした中、多くの人が屋外で参列するのは大変。晴れ間が多い6月に公式誕生日を設定し、国民皆で祝おうという趣旨だと聞いたことがあります。

83歳の天皇陛下は生前退位されます。
女王のダンナ、フィリップ殿下は96歳。今年の秋、780ある公的役職をすべて返上する発表がありました。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2410回)

2017 6 16
宮部みゆき「火車」を再読しようと、本屋で文庫本を手に。消費者金融・カード破産がテーマの1992年の作品です。

本の解説に、宮部さんが藤沢周平「冬の足音」を絶賛している話が載っていました。

「火車」を棚に戻し、「冬の足音」を探しましたが、藤沢作品は量が半端ではありません。本のタイトルからは「冬の足音」がどの文庫に入っているか判らず。

しばし考え、今日買う一冊を決めました。
2度のチャレンジで探せたら「冬の足音」、探せなかったら「火車」

女心の巧みな描写が見事だそうなので、そのあたりから推測して文庫本のタイトルをチェック。一度目のチャレンジで手にした本が短編集「夜の橋」
いかにも、女心の巧みな描写っぽいタイトルと思いませんか?

これが大当たり。9つの短編の5つ目が「冬の足音」でした!

こちらの解説は、2年前、66歳で亡くなった時代小説家の宇江佐真理。
なんと彼女も「『冬の足音』はこの短編集で最も心惹かれた作品である」と書いています。

数々の賞を受賞した女性作家お二人がともに絶賛の「冬の足音」。30㌻あまりの小品ですが、大正解でした。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2409回)

2017 6 15
本屋巡りは趣味の一つ、チョクチョク出かけますが、料理コーナーをじっくり眺めたのは、昨日が初めて。あんなたくさんの本があるなど、これっぽっちも思いませんでした。

競争激甚ですね。
だから…でしょうか、新星出版社が出した「やせるおかずの作りおき」は、小学館の「やせるおかず 作りおき」に、表紙もタイトルもそっくり。本の装丁はどちらも同じ人。

小学館「読者を混乱させ誤って購入する恐れあり。販売を停止せよ。」
新星「内容やコンセプトは全く異なる。混同させて販売する意図はない。」

誰が見たって新星の負け。二つの本の装丁をした人も、まさにコピペ。いい加減な仕事です。

小学館の抗議に、たった一日で敗北宣言の新星ですが、確信犯は明らかなのですから、すぐ謝るくらいなら、最初から一工夫すればよかったのにね。

あれほどたくさんの料理本が並ぶ中、該当の二つの本が見当たらなかったのが残念無念でした。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2408回)

2017 6 14
金融庁は、「強権の象徴」金融検査マニュアルを廃止するそうです。
「半沢直樹」早めに放映して良かったですね。片岡愛之助の黒崎検査官、今となっては懐かしい限り。

これからは、中小企業、地元企業にどれだけ融資実績を残しているかを新たな指標に、金融庁は銀行を評価、指導するとか。「雨が降ったら傘を取り上げる」金融機関は時代遅れなのです。

中小企業の人と話すと、一昔前より銀行融資が受けやすくなったと仰います。

でもね…
敢えて申しますが、チェックの緩い融資ほど怖いものは無いですよ。

銀行はいつの時代も「金融庁に従うだけの思考停止人の集まり」と思った方がよろしい。

不良債権処理を優先した検査では、オネエ言葉の愛之助さんが怖くて、銀行は石橋を叩いて壊す態度で中小企業に接していましたが、金融庁が「地元企業への融資実績で評価する」といえば、今度は何が何でも借りさせようと躍起になるのは火を見るより明らか。

無担保でも借りやすくなるということは、借金の歯止めが無くなるということ、借り手の自己責任が重くなるということです。

低金利でも金利は金利。いまこそ企業は「その融資、本当に、今、必要?」を、常に問い続ける必要があります。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2407回)

2017 6 13
茨城県取手市の2015年当時中3女子が、いじめを苦に自殺した件。
これまで学校も教育委員会も、一貫していじめを認めず。ご両親の、再調査を求める悲痛な叫びに、ようやく関係者がいじめを認め、教育委員会が設置した「いじめ無し」が前提だった第三者委員会も解散しました。新たな委員会を立ち上げ、再調査することになります。

市や教育委員会の幹部が、これまでの対応について陳謝を繰り返していますが、どうも釈然としません。

芸能人親子はテキメンですが、成人した息子、娘が犯罪行為をすると、必ず親が引っ張り出され、涙ながらにお詫び、テレビ出演自粛と相成ります。成人した子供の罪が、保護者でもない親に飛び火するのです。

いじめには加害者がいます。たぶん、複数います。彼らは未成年ですから、当然、保護者(親)がいます。

保護者には連帯責任があります。未成年だから…で済む話ではありません。未成年だからこそ、保護者がいるのです。それなのに、保護者がお詫び、陳謝する報道は一切ありません。市や教育委員会より先に、お詫びするのが筋でしょう。

未成年者保護の本質を、どこかで大きな勘違いが蔓延している気が少し、します。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -