So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ロンドンの窓 (第2455回)

2017 8 19
そして誰もいなくなった。

アガサ・クリスティではありません。トランプさん。とうとう盟友(?)バノンさんまで辞任。北朝鮮がこんな時に…。

他人事ではないですね。

政府の緊急警報Jアラートのテスト。
警報が流れず、代わりにお昼の時報が流れ、スマホに届く警報メールは文字化けし…。

そして誰もいなくなった。
冗談では済まない気分になってきました。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2454回)

2017 8 18
化粧品売り場で、ほう紅と言ったらチックですか?口紅と言ったらルージュですか?と言われた。
英語風、カタカナ語の風潮はいただけない。

自分の生徒である外国人留学生が、居酒屋で「さじをください」と言っても店員は判らない。日本人はスプーンは判っても、さじが判らないと呆れていた。

67歳女性、日本語教師の投書です。

この先生、いったいいつの時代のテキストを使っているの?

言葉は生き物です。
ご自分が学生時代に使ったテキストではなく、現代用語の基礎知識あたりを参考に、現代語をキチンと教える方が、世のため、人のためと思います。

まさか「さじ」の留学生に「せっちんはどこ?」なんて教えてないですよね。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2453回)

2017 8 17
結婚式の教会から花嫁をさらうダスティン・ホフマン「卒業」
ハッピーエンドのようでもあり、これから二人の人生はどうなるのか、暗い結末が待ち受けているようにも感じ…

久しぶりに「サボテンの花」を聴きました。少し混んでいた道。ノロノロ運転中。しっかり歌詞も聞き取りました。

なんとなく「卒業」イメージでいましたが、よくよく聴くと、メチャ真っ暗ソングです。「僕の愛のほうがすてきなのに」と言われても、あんな暗いトーンで言われたら、いくら好きでも逃げ出します。

「泣きながら君のあとを追いかけて」
「とびらが開いて出てきた君は、ほほをこわばらせ僕をチラッと見た」

今なら完全なストーカー。
こんな歌詞だったのですね。

以前、カラオケで歌った記憶が…。どんな心境の時だったのかしら。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2452回)

2017 8 16
お盆休みが終わりました。
数日前の新聞に「実家に帰省 手土産どうする」の記事。
「手土産の原点は、相手に喜んでもらいたい、食べさせてあげたい、笑顔が見たいという気持ち。」

そうだよな~と頷きつつ、ふと思い出しました。

90年代、ロンドン駐在の頃。

自社と言わず他社と言わず、日本からやってくるお偉いさんが持ってくるのは、判で押したように錦松梅のふりかけ・佃煮、坂角のえびせんべい。

秘書室や総務部あたりが用意するのでしょう。多少値が張り、さほど嵩張らず、軽い。つまり、彼らの上司である出張者の都合で決めている訳です。

2週連続でやってきた同じ会社の別の役員が、全く同じ品物を持ってきたことも何度かあります。

各社の駐在員仲間で品物の交換をしようにも、これらの商品はどの家にも複数個あり、皆が持てあましていました。

あれから20数年。今となっては懐かしい思い出ですが、最近の駐在員家族は幾らかマシな土産を貰えてますかね。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2451回)

2017 8 15
東京都が都内の小中高生の保護者1500人を対象に調査。
子どもにスマホを持たせている親の7割は、家庭でスマホ利用のルールを決めている。ルールで一番多いのは「利用時間の制限である。」

82%の親は「子どもはルールを守っている」と回答。

「知らぬは親ばかリ」なのか「統計・調査の信ぴょう性が低い」のか、はたまた、これもフェイクニュースなのか?

ウチの子に限って...。
親ってありがたいですね。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2450回)

2017 8 14
2020年東京オリンピックを目標に、政府が全国の自治体にバリアフリーの加速を呼び掛けています。補助金も出すとか。1964年オリンピックの時は新幹線や高速道路など、大規模なインフラ整備が進みました。

今回は高齢者や身障者を意識したバリアフリーのインフラ整備。オリンピックの大きな副産物です。

とはいえ、バリアフリーを実感するには、外に出なければなりません。

心の中にバリアを設け、自宅に引きこもっていたのでは、折角のバリアフリーのインフラも、宝の持ち腐れ。

こうした時に地元で自治会長をしているのも何かの縁。

一人でも多くの高齢者、身障者がバリアフリーを活用するきっかけ作りができないものか?

ありました!
月に一度、歩く時間はたった30分の防犯パトロール。
多くの人が参加できるよう、自分から心のバリアを取り除けるよう、これからもいろいろな仕掛けを考えていこうと思います。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2449回)

2017 8 13
御巣鷹山、日航ジャンボ機事故。
次男が生まれる数日前の出来事でした。
日航勤務の友人は現場に駆り出され、トラウマになりました。
数少ない生存者の氏名が姉と同姓同名でした。

あれから32年。

「事故が風化しないように」
「私たち世代が語り継ぐ」
坂本九「見上げてごらん夜の星を」が流れます。

乗客乗員520人が亡くなった大惨事。
奇しくも昨日、墜落と同じ日、同じ時刻に、墜落機と同じく、大阪に向かっていた全日空機が機内気圧低下で羽田空港に緊急引き返しのトラブルがありました。

完全ゼロにはできない事故、技術なら、お涙頂戴の演歌記事ではなく、慰霊に合わせた8月12日、年に一度くらい、航空機事故の原因や対策を徹底的に論じるメディアがあっても良いと思います。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2448回)

2017 8 12
近くの毎日新聞配達店が店仕舞いしました。
自宅に新聞が届かないと困るな~。朝日の配達店が毎日読者もカバーすると聞き、なにやらホッとしました。

そんな中、出版科学研究所調べ。
2017年上半期の書籍販売額3954億円、雑誌販売額3327億円、それぞれ前年同期比2.7%減、8.5%減。

日経、読売、朝日以外は、新聞社も大変なんだと思ったのですが、あれっ、新聞は「書籍」「雑誌」どちらに入るの?

広辞苑。
「書籍」書物、本、図書。
「雑誌」雑多なことを記載した書物。号を追って定期的に刊行する出版物。

イメージなら、新聞は雑誌でしょうけれど、上から目線が習い性の新聞社が、自らを「雑誌」とは言わないでしょう。

2017年上半期の雑誌販売額、この金額に新聞が含まれているとも思えません。

新聞ってどこか、こうもりのような存在なのかもね。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2447回)

2017 8 10
嵐のような、怒涛のような一週間が無事終了。

8月3日から納涼祭、会場設営スタート、5日本番、6日後片付け。
連日連夜のドタバタで十二分に日焼け。猛暑にもならず豪雨にもあわず、メチャ疲れましたが、楽しい数日でした。地元の友人たちと飲む生ビールの旨い事!
71本当たる大抽選会。ステージ上で私が引いているのに、自分の名前は全く呼ばれません。特賞40インチ液晶テレビが自宅近くの家族に当たったので良しとしましょう。

納涼祭に合わせ帰省した孫たちも祭りに合流。子ども会が用意したグッズで両手いっぱい。おばあちゃんは甘いですね。

7日は仕事、さすがに体中ギシギシ。夜は孫たちと食事。しゃぶしゃぶ8人前をみんなでペロリ。

8日から一泊二日、孫たち一家4人と我々夫婦、計6人で鬼怒川。迷走台風5号は日本海に抜け、そこそこ天気に恵まれた旅行が出来ました。

子ども用プールのあるホテルを選んだので、8日も9日もプールと温泉三昧。
7日は3D宇宙恐竜館、8日はとりっくあーとぴあ日光を見学。展示内容もさることながら、入場料の高さにビックリ。

9日に我が家に泊まった孫たち、10日、今日の昼前、彼らが住んでいる大阪に向け出発。「孫は来てよし、帰って良し」を再確認。次に会うのは年末かな。

今夜は女房と二人、軽い食事と適度のアルコールで、早寝といきますか。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2446回)

2017 8 4
昔のお相撲さんは、あ~、う~、口下手というか、口が重いというか、ペラペラとは程遠い受け答えでしたが、今のお相撲さんは、質問者の意図をくみ取り、冗談を交えて話します。

断然、今の方がいいですし、かつてのお相撲さんよりペラペラ話す分、軽くなったという印象は受けません。

一方の総理大臣。

かつての総理大臣は、あ~、う~、でしたが、今はペラペラ。

ここまでは一緒ですけど、お相撲さんと違い、総理大臣がテレビに出てペラペラやるのは、どこか軽率な気がして感心できません。これが説明責任とも思えません。

トランプさんのように、なんでもツイッターは困るけど、総理大臣が内閣改造の夜、テレビに生出演して30分も話すのは、なにか違うんじゃない?
田中さんや中曽根さんがそんなことをした記憶はないですね。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -