So-net無料ブログ作成

ロンドンの窓 (第2435回)

2017 7 23
スーパーでマグロの解体実演販売。調理人の見事な手さばきに見惚れました。近くで見るマグロって、ホント、大きい。

いざ販売が始まると、大トロ、中トロ、赤身の売れ行きがイマイチ。アニサキスが消費者の財布に鍵を掛けている様子。いまどき「本場、○○の大マグロ!」の幟は逆効果?「養殖、冷凍で安心安全!」の方が売れる? まてよ、マグロって天然も養殖も、冷凍で運ばれてくるのでは? アニサキスの心配は最初から無い? 良く判りません。

2016年の食中毒の原因。アニサキスは3位。1位はノロウイルス。一時に大勢の罹患者が出るので、件数以上に発症者数がダントツです。

2位はカンピロバクター。馴染みの薄い名前です。アニサキスより件数、発症者数とも上位にあるわりに、あまり騒がれません。

アニサキスの対処法。
冷凍する、火を通す。
この二つは判りますが、「目で確認し、アニサキスがいたら除去する。」2~3㎝の幼虫なので目で確認出来ますが、それを除去して刺身で食べる勇気は無いですね。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0