So-net無料ブログ作成
検索選択

ロンドンの窓 (第2437回)

2017 7 25
昨日は衆院、今日は参院で閉会中審査。
情けないやら恥ずかしいやら。

田中角栄が総理に上り詰め、新潟県にはガンガン舗装道路が増えました。
有力議員がいる地元には、新幹線の新駅が出来ました。
地元議員に、息子の就職を相談しました。
予算措置を族議員に頼みました。
連合の意に沿う労働法改正を訴えました。

どれも日常茶飯に行われていること。陳情文化は世界中、どこにでもある話です。

生き物の命は皆等しいとはいえ、かたや動物の命の話、南スーダンの日報問題は人の命の話、全く次元が違います。

党内の足並みの乱れが露呈しない、安全パイの獣医学部に喜々として時間を費やすより、南スーダン、ひいては自衛隊と憲法をテーマに、堂々たる論陣を張って、大いに議論して欲しいもの。

閉会中審査で覚えたのは「加計」を「かけ」と読むことだけでは、政治家など不要です。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(1) 

nice! 1