So-net無料ブログ作成
検索選択

ロンドンの窓 (第2439回)

2017 7 27
イギリスのEU離脱、トランプ大統領誕生。
世界を揺るがした二つの動き。事前の世論調査とは正反対。今でも英米では世論調査、国民意識調査の方法論の見直し、反省が声高です。

規模は比較にならないながら、凄いな~と思ったのが、先日投開票が行われた仙台市長選挙です。

民進・共産支持の現職衆議院議員、自民・公明支持の地元企業経営者の戦い。開票率24%で、現職議員当選が決まったのですが、この時点で二人の得票数は同じでした。

事前調査で、よほど二人の差はあったのだと思いましたが、最終得票は当選者165千票、次点者149千票。たった1割の違いです。

今回の選挙は、前回選挙の1.5倍の投票率。無党派層の投票率が大幅アップしているわけで、組織票が計算できる選挙と違い、最終結果はフタを開けてみないと判らない状況でした。

にもかかわらず、開票率24%で当選確実が打てるマスメディアの事前調査能力、これにはビックリです。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0