So-net無料ブログ作成
検索選択

ロンドンの窓 (第2466回)

2017 9 2
日野皓正さんがジャズコンサート会場で、ルールを破っていつまでもドラム演奏を止めない中学生を叩き話題になっています。

記事は「生徒にはけがはなかった」と「叩かれた生徒は被害者」トーンでまとめていますが、これって片手落ち。

「4か月練習してきた成果を披露する晴れの舞台が、心ない一人の生徒により、嫌な思い出が残る場になってしまった」ほかの子どもたち。未成年は何をやっても被害者ではないのです。

それにしても日野さん。叩いた倍の痛さが心に残ったでしょう。堪忍袋の緒が切れたにしても、キチンと叱れる日野さんは立派だと思います。

地元にも何人か、子どもの悪さ、限度を超えたイタズラを、本気で叱ってくれる人がいます。私はいざとなると、なぜか遠慮が出てしまい、本気で叱ることができません。あの人たちには頭が下がります。こういう人がいつの時代も身近にいてくれるとありがたいですね。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0