So-net無料ブログ作成

ロンドンの窓 (第2488回)

2017 9 30
「今だけ特別価格」10万円弱のパソコンを購入。
ウイルス撃退ソフトも買い、量販店おすすめ「おまかせパック」23,000円を依頼。自宅にやってきた親切なお兄さんに、すべての設定、これまでのパソコンからのデータ移管をお願いしました。さすが、プロ!

夜、これまでのパソコンに入れていたウイルス撃退ソフトを、新しいパソコンに自分でインストール。このくらいは出来ます。これで完璧。

翌朝、電源を入れたのに、パソコンが動きません!パニックです。

自宅に来てくれた親切なお兄さんに電話。急な電話にも優しく対応してくれたお兄さんの指示通り操作してもダメ。結局、改めてお兄さんに来てもらうことに。

結果、お兄さんが入れたウイルス撃退ソフトに加え、私が勝手に別のソフトを入れたのがパソコン不調の原因。「過ぎたるは及ばざるがごとし」複数のウイルスソフトが互いに干渉しあっていたのでした。

30分ですべて元通りになりましたが、改めて14,000円。結構、高い買い物になりました。

皆さん、パソコン設定、ソフトインストールにはご注意を。プロに任せたら、あとは余計なことをしないのが身のためです。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 

ロンドンの窓 (第2487回)

2017 9 28
男と女で復興副大臣を辞任、議員辞職に追い込まれた公明党議員。あの党だけは、この手の話題は蚊帳の外だと思っていたのですが。

フランスの国会議員が日本にいたら、ほぼ全員が議員辞職、国会運営が成り立たないそうです。男と女の話など、政治家の能力とは無関係というのが彼らの発想。なんだか羨ましいですね。

日本は建て前議論が多すぎます。

今回の衆院選。
民進党の分裂騒ぎで一段と盛り上がりましたが、相変わらず「2年後の消費増税の使い道を、なぜ、今、議論する必要があるのか?」
野党、マスコミ、評論家、揃ってこんな話題で賑わっています。

あの人たち、「2年後の話をなぜ今?」なんて本当に思って議論しているのでしょうか?だとしたら、あまりに本音を隠した建て前人生です。

民進党がゴタゴタしているから。野党統一ができたら面倒だから。希望の党が戦の体制を整える前にやりたいから。「2年後の話」は、それこそ建て前だってことは、誰もが承知しています。

「国民より党利党略を優先した解散である」とトンチンカンなことを言っている野党、「民進党の分裂、希望の党への参加は、選挙互助会である」と、これまたポイントハズレな与党。

選挙は戦(いくさ)
もっとも勝ちやすい時に打って出るのは当たり前。もっとも負けにくい体制に組するのも当たり前。
どうも皆さん、建て前ばかりの議論に走りすぎています。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 

ロンドンの窓 (第2486回)

2017 9 27
標高1778㍍、八海山の麓で二日間。
関越一本、目的地は関越・魚野川沿いに集中。新潟なのに「近場」を感じます。

八海山雪室(ゆきむろ)。今回、一番の目的でした。豪雪地帯の雪を利用、一年を通して5度の貯蔵庫。車なので試飲はパスし、雪室熟成の一本を購入。今夜、飲みます。

越後ワイナリー。こちらも雪室の熟成庫。個人的には赤がお勧め。

西福寺開山堂。誰が名付けたか、日本のミケランジェロ、石川雲蝶作、天井の大彫刻、欄間透かし彫り。一見の価値あり。

池田記念美術館。ベースボールマガジン社オーナーの池田さんが建てた美術館。スポーツ関連の展示は充実。生前、九重親方(千代の富士)も、ここでトークショーをやったそうです。

魚沼コシヒカリ発祥の記念碑。案内板は見つけましたが、記念碑は見つからず。その分、朝昼晩の三食はコシヒカリご飯。早場米の刈入れ、出荷が始まっていました。農道を走ると、右も左も田んぼ、田んぼ。

塩沢宿。江戸時代にタイムスリップ。道の両側200㍍を江戸の宿場町に再現。

もちろん、温泉。夕方、夜、早朝に露天風呂。昨日から数えて7回目という85歳の元気オジサンと一緒になりました。

寄居IC。インターチェンジ全体が「星の王子様」コンセプト。知らずに入った中年男性二人組が、渋い顔でしたが、これだけ徹底したICにするには勇気が要ったことでしょう。星の王子様キーホルダーを買いました。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(1) 

ロンドンの窓 (第2485回)

2017 9 24
電話de詐欺。
千葉県が15秒、2種類のCMを作成、千葉テレビで放映を始めたと、千葉の地元新聞で読みました。

「CMを見ることで、高齢者だけでなく、家族や周囲の人も、日頃から注意するようになってもらえたら」と県の担当者。

千葉県では、今年に入り7月までの7か月間で791件、13億4千万円の被害。我が地元でも、不審電話が掛かってきた人が何人もいます。一説によると、高齢者の15%が不審電話を受けたことがあるとか。ものすごい脅威です。

テレビCMの注意喚起も良いですが、千葉テレビの視聴率はどのくらい?放映時間帯も情報提供しないと、ほんの偶然、ごくわずかな視聴者しか、CMを目にすることはありません。

このニュースは全国紙には掲載されていません。地元新聞のシェアはどのくらい?

たぶん、県民の大多数はCMを見ておらず、放映されていることすら知らないでしょう。

卑劣な詐欺グループは生活、人生を掛け、手を変え品を変え挑んでくるのに、こちらは相も変らぬお役所仕事。歯がゆい限りです。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 

ロンドンの窓 (第2484回)

2017 9 23
暴発カウントダウンの北朝鮮、出口戦略を決めた欧米に周回遅れの日本の金融緩和策、頻発する世界の自然災害。
こうした中、民進党や他の野党の大義は、森友・加計ですか??

細野さんが新党結成に舵を切る気持ちもわかります。

相変わらず面白いのが選挙関連のコメント。

「選挙がないと議席が増えないから、野党にとって解散は歓迎。」
代表選挙に負けた枝野さんですが、開き直ったような、このコメントは立派。

「勝てそうなときにやっておこうという無責任解散。」
私たちは勝てませんと、戦う前から表明している民進党幹部。枝野さんを見習ったら?

極め付きはこれ。
「権力者側が自分の都合の良い時に、自分の都合で解散するのは果たして良いものか。」
何処の野党の発言かと思ったら、元衆議院議長の河野洋平さんでした。

選挙は戦(いくさ)勝ってナンボの世界です。
塩野七生さんが聞いたら「おたく、ローマ時代に生まれてなくて良かったわね。」

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(1) 

ロンドンの窓 (第2483回)

2017 9 22
衆院の解散報道が流れたとたん、日経平均株価は今年最高値。
与党が勝利すれば、アベノミクス・金融緩和・円安が継続、景気底上げの経済対策も出るとの期待感だそうです。

今でも2/3超の圧倒的多数議席を有する与党、議席減は避けられない今回の選挙。わざわざ「与党が勝利すれば」と前提を付けずとも、現在の絶対多数の中で、どうして今年最高値の株価にならないのかイマイチ不思議。

家電製品を買うと一年間の保証が付きます。少額の上乗せで、保証が3年、5年に延び、多くの人は長期保証を選びます。安心できますからね。

現時点で衆院解散しないと、残る任期は1年。
解散して再び与党多数になると、その後の任期は4年。
家電品の長期保証と同じ発想で、今の株価があるのでしょうか?

行動経済学で説明できるテーマかも。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 

ロンドンの窓 (第2482回)

2017 9 21
今やATMは銀行のお荷物という記事がありました。

現金引き出しや振り込みを、窓口で手続きする習慣がなくなったのも、便利なATMがあったればこそ。まさか「お荷物」とは。この15年で都銀のATMは1割減り、新生銀行は全店のATMをセブン銀行に置き換えたとか。

ATMがタッチパネルになったのは90年代。当時、ロンドンから一時帰国し、ATMの列に並びました。正面の壁にパネルのアップ写真。ご丁寧に「ここを押してください」と書いてあります。ホントカナ~と、写真のパネルを押しました。何度押してもATMは動きません。後ろに並んでいた女性が、恐る恐る私に声を掛けてくださいました。

先日、ATM操作中に電話。携帯を取り出し二言三言(数分後にこちらからかけ直すと言っただけです。)ふと横を見たら、行員が二人、真剣な(心配そうな)顔でこちらを凝視。電話de詐欺と勘違いされたようです。

コンビニATMになったら、怖いもの見たさに私に声を掛けてくれる勇敢な女性も、詐欺被害者かと私を見つめてくれる優しい行員さんもいなくなりますね。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 

ロンドンの窓 (第2481回)

2017 9 19
安倍総理が打ち出した衆院解散。
数日前、仲間たちと話したとき、私だけ「年内解散」予想でした。

「次の選挙の立会人」を務める予定なので、どうせなら、市議会選挙や市長選挙、あるいは何かの補欠選挙より、衆議院選挙が良いな~と「年内解散」を言ったまで。政治の微妙な風を読んだわけではありません。

それにしても今回の衆院選。
まだ、やる・やらない、やるならいつ?は、決まっていませんが、日ごろ、常在戦場と口にする割に、皆さん、ドタバタですね。
というより、皆さんがドタバタするタイミングで仕掛けるのが衆院選。待ってましたっ!と、受けて立たれたら、解散を仕掛けた方の不戦敗。

北の脅威があるときに、何事か!と怒る向きもありますが、任期満了時、北の脅威が一段と増し、天変地異で不測の事態が起こっても、今の憲法では衆議院は解散です。「なぜ、今なのか?」は論点になりません。

「政治空白」を叫ぶ人たちは、いつも「国会空転」「委員会開催阻止」を仕掛けます。自分たちがやれば「国会空転」は正義の一刀、相手が仕掛けた「政治空白」は国民を愚弄。なんだがご都合主義っぽくない?

コンビニバイトより単価の安い立会人。果たしてどんな楽しみが待っているか。後日、結果報告します。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 

ロンドンの窓 (第2480回)

2017 9 18
「あけおめ」「ことよろ」
年賀状に代わり、こんなメールで済ませる風潮とか。そんな中、ほのぼのする投書を読みました。

東京で働く次男から今日も手紙が届いた。
この春、万年筆を買ってから、月に一度は手紙が届く。親を案じるやさしさ、仕事のやりがい、そうしたことが書いてある。こちらも返事は手紙。息子とのアナログ交流が楽しい。

田舎から都会に出た新社会人なのでしょう。万年筆の手紙、いいですね。
仕事のやりがいですか。応援したくなります。

と、勝手に思ったのですが、投書の主は73歳主婦。
ってことは、息子さんは40歳くらい?

文面から察するに、独り身。
40歳で初めて万年筆を買ったというのも、どうも…。

「あけおめ」より格段にほのぼのですけど、最初に読んだ印象は少し変わりました。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 

ロンドンの窓 (第2479回)

2017 9 16
新閣僚の公開資産発表がありました。

地元選出では久々の(もしかすると初の)大臣になった斎藤健農水大臣。当選3回で初入閣は、まさに立身出世物語ですが、彼の保有資産は、閣僚中唯一の「0」。

公開資産は、家族分も含む、土地、建物、有価証券、預貯金(普通預金を除く)、貸付金、借入金、ゴルフ会員権など。

経産省で企画官や大臣秘書官、埼玉県副知事を経て衆院議員となった58歳が、普通預金しか持ってないって、どういうこと?

初出馬で落選、二度目の選挙も重複立候補でかろうじて当選。選挙にお金がかかるのでしょうか。個人の資産形成ができない人に、国の資産増大の司令塔が務まるのかな~。

二世議員、三世議員が何億も資産を持っているのが当たり前の中、男一匹、単身、この世界に乗り込むのは、ホント、大変なのですね。

改めて、斎藤大臣を応援します。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(1)