So-net無料ブログ作成
検索選択

ロンドンの窓 (第2445回)

2017 8 3
今のところ、受精力には影響ないそうですが、これって、世界的な大問題では?

イスラエルの学者が調べたところ、過去40年で西欧人男性の精子の数が半減しているそうです。

喫煙、肥満、ストレス…
様々な原因が考えられますが、同じ調査でも、精子半減は北米、欧州、豪州、ほとんど変化ないのは南米、アジア、アフリカ。
喫煙も肥満もストレスも、どの地域にもあるので、なぜ、北米や欧州だけ精子が半減しているか明確な原因は判っていません。

生活習慣の違いに起因しているらしいということは想像がつきます。
仮説の一つとして、シャワーカーテン、車のダッシュボード、レインコート、焦げ付きにくいフライパン。これらに含まれている、ある化学物質が影響している?といった研究が行われているそうです。

少子高齢化が深刻な日本、こうしたテーマにもっと積極的に関わる方が良いような。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2444回)

2017 8 2
週末の納涼祭、明日から会場設営スタート。まずまずの日和。本番もさることながら、準備も案外、楽しいもの。

今朝は80歳の元気印オジサマから自宅に電話。明日からの準備、今年も手伝うよ。ありがたいメッセージ。幸先良し。

地元は盛り上がってますけど、世間は相変わらず。

籠池夫妻。逮捕され、名前の下にカッコで本名。夫婦そろって芸名だったとは!

スカラムッチ広報部長、就任10日で解任。数日前、ワシントンポストが新広報部長の特集記事を掲載、そのうち読むかと切り抜きました。読まずに捨てます。

明日は内閣改造。入閣待ち名簿がズラリ。何度当選しても声が掛からないのは、ポストが無いからではなく、資質に欠けるからと割り切れば良いものを。今度、新閣僚が早々にチョンボしたら、さすがの安倍さんも危ないですよ。

5日、土曜の午後5時開演。
子ども神輿に太鼓演奏、地元ポップスグループ初参加、盆踊り、美味しい匂いの屋台、今年は生ビールに挑戦。賞品総数71本の大抽選会。

世間の流れを横目で見ながら、夏の一夜を楽しみます。
お近くにお住まいの方、小銭を持って遊びに来てください。
三世代、四世代、1000人以上が集う、地元最大のお祭りです。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2443回)

2017 8 1
前方後円墳。

いつ頃の教科書で見たのか、確たる記憶はないのですが、前方後円墳と聞くと「鍵穴」をイメージします。上がマルで、マルの下に台形がくっついている形。

昨日、百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群(大阪)が、世界文化遺産候補に選ばれました。目玉は世界最大規模の古墳、仁徳天皇陵の前方後円墳です。

「上がマルで、マルの下に台形」だと、ニュアンスとしては「前円後方墳」。鍵穴をひっくり返さないと前方後円墳になりません。

どうして、マルが上にある、こんな形で覚えてしまったのか、とにかく不思議なのです。

今朝の読売新聞に載っていた古墳の写真は、キチンと台形が上になっています。やはり自分の記憶がサカサマなのですが、これはもう、治りません。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2442回)

2017 7 31
「さらに大きな安心へ」
地下鉄で見た東京メトロの広告です。

「さらに」は「もっと」、もっとは「もっと、もっと」、人間の欲望に限りはありません。「安全」は数値化できても、「安心」はそうはいかず。なにやら、自分で自分の首を絞めているようで、怖い広告だな~と眺めました。

「夢と感動は、ココにある」
オリンピックか、世界水泳か、競技会のキャッチフレーズと思いましたが、パチンコ店の広告でした。現実とのギャップが見事です。

「恋するブラ」
これも車内のつり革広告。アップになったブラジャー姿の若い女性がニッコリ笑顔。「やみつき!ストレスフリー」のサブタイトル。

そうか、いつも締め付けられてストレスが掛かっているんだな~と、変に納得し、それにしても恋するブラってどういう意味だろう…

たぶん、フツーにチラリと広告を見るより、かなり長い間、若い女性のブラ姿を眺めていたんでしょう。ふと横を見たら、若い本物の女性が、不潔そうな目で私を眺めていました。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓(第2441回)

2017 7 29
環境庁が「自治体や教育委員会が主催する子どもたちのサマーキャンプなどは、旅行業法に抵触しない」と、各都道府県に通知したとか。なによりです。

今月に入って、突然、あちこちの自治体で、サマーキャンプ、自然体験村といった子どもたちの楽しみを中止する動きが出始め、ヤキモキしていました。

市議会で質問、匿名の指摘、きっかけはマチマチ。無登録で不特定多数の客を集めるのは、旅行業法に抵触する。むちゃくちゃな話です。

1952年制定の旅行業法:「報酬を得て行う事業」「不特定多数の参加者を募って継続的に旅行を企画」するには登録が必要。

実費以外は取らず、年に一度のサマーキャンプ、集めるのは市内の小中学生たち。
報酬、継続的はクリアーしても、不特定多数が引っ掛かったのかと思いますが、法律の全体をキチンと読めば、どういった判断、解釈が自然かは明らか。

匿名の指摘にオタオタする方がどうかしています。

既に全国で複数のサマーキャンプが中止に追い込まれました。何かというと、すぐ叩かれるので、逃げ腰になる気持ちは判らなくもないですが、自治体や教育委員会はこうした場合、毅然とした対応で良いと思います。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2440回)

2017 7 28
「戻り梅雨」なんだそうです。

今日の新聞。稲田、蓮舫、籠池、今井…
戻り梅雨どころか、梅雨真っ最中。嫌になります。

天気予報では8月3日まで、東京は曇りのオンパレード。
8月5日は納涼祭なのです。本格的な準備開始は3日から。

政治は「梅雨」でも、せめて8月3日以降、雨は降りませんように。

まてよ、先日までの猛暑を思うと、炎天下の会場設営より、曇りの方が何倍ましか。
阿部も2000本まで残り16本になったことだし、坂本も今季10度目の猛打賞だし、まあ、このくらいの天気で良しとしますか。

それにしても … 政治はお粗末ですね。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2439回)

2017 7 27
イギリスのEU離脱、トランプ大統領誕生。
世界を揺るがした二つの動き。事前の世論調査とは正反対。今でも英米では世論調査、国民意識調査の方法論の見直し、反省が声高です。

規模は比較にならないながら、凄いな~と思ったのが、先日投開票が行われた仙台市長選挙です。

民進・共産支持の現職衆議院議員、自民・公明支持の地元企業経営者の戦い。開票率24%で、現職議員当選が決まったのですが、この時点で二人の得票数は同じでした。

事前調査で、よほど二人の差はあったのだと思いましたが、最終得票は当選者165千票、次点者149千票。たった1割の違いです。

今回の選挙は、前回選挙の1.5倍の投票率。無党派層の投票率が大幅アップしているわけで、組織票が計算できる選挙と違い、最終結果はフタを開けてみないと判らない状況でした。

にもかかわらず、開票率24%で当選確実が打てるマスメディアの事前調査能力、これにはビックリです。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2438回)

2017 7 26
気象庁が公表している降雨的中率。昨年は85%。
「そんなに当たってた?」が実感です。

カバンに入れた傘を使わず持ち帰り、持たずに出た日はコンビニに駆け込みビニール傘。そんなことが一度でもあると、85%は到底信じられません。

かつて、台風の猛威を伝えるアナウンサーは、埠頭ギリギリ、立ってもいられない、話してもいられない状態。見ているこちらがハラハラしました。暴風雨の凄さを伝えたかったのでしょうけれど、今にして思えば伝え方がワンパターン。

最近の映像を見ていると、当時のハラハラしたアナウンサーとは正反対。

突然の豪雨に避難する人たち。雨の中、駆け回っているのですが、両耳にイヤホン。音楽でも聴いているのでしょうか。片手にスマホ。電話したり、右手の人差し指をパッパと動かしたり、写真を撮ったり。

アナウンサーが風に負けない大声で話すほどには、避難者を映す画面から緊迫感は伝わりません。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2437回)

2017 7 25
昨日は衆院、今日は参院で閉会中審査。
情けないやら恥ずかしいやら。

田中角栄が総理に上り詰め、新潟県にはガンガン舗装道路が増えました。
有力議員がいる地元には、新幹線の新駅が出来ました。
地元議員に、息子の就職を相談しました。
予算措置を族議員に頼みました。
連合の意に沿う労働法改正を訴えました。

どれも日常茶飯に行われていること。陳情文化は世界中、どこにでもある話です。

生き物の命は皆等しいとはいえ、かたや動物の命の話、南スーダンの日報問題は人の命の話、全く次元が違います。

党内の足並みの乱れが露呈しない、安全パイの獣医学部に喜々として時間を費やすより、南スーダン、ひいては自衛隊と憲法をテーマに、堂々たる論陣を張って、大いに議論して欲しいもの。

閉会中審査で覚えたのは「加計」を「かけ」と読むことだけでは、政治家など不要です。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2436回)

2017 7 24
「夫婦生活を円満におくる秘訣は、お互いの趣味や時間などを束縛しないことだと思うか?」

もちろん、YES。結婚生活40年の私が言うのですから間違いありません。

象印マホービンが、フルタイムで働く20~30代の未婚の男女800人を対象に、インターネットで行った調査。96%が「そう思う」と回答していました。

残りの4%「相手の趣味や時間を束縛したって構わない」と思っている人、まず、結婚は無理でしょう。

インターネットで調査コストが掛からないとはいえ、この調査の狙いは一体なに?

当たり前の答えを引き出す誘導質問ですが、象印は、この答えを聞いて何をどうするつもりなのでしょう?

「フルタイムで働く20~30代」に、なにか象印の隠れた意図があるような、無いような。
別の質問で「若者が好むマホービンとは?」なんて聞いてません?

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感