So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ロンドンの窓 (第2717回)

2018 7 11
35度。灼熱の日中に外出、夜は執行役員に選出された友人を祝い、酔っぱらって帰宅したら、電話にメール。昨日一日、世の中の動きを知るすべもなし。

今朝の新聞。数字ばかりが目に入りました。

西日本豪雨。死者も不明者も日を追って増すばかり。気遣われます。
タイ洞窟。13人全員救出。リンちゃん、注射器で混入、嫌な話が続く中、久々の明るいニュース。

出光・昭和シェル統合。3年越しの案件。1∔1=3になると良いですね。
春闘最終集計。賃上げ2.53%。目標の3%にあと少し。20年ぶりの高水準。なによりです。

トランプさんがエリザベス女王と会見するとか。13日の見込み。13日は金曜日ですね。
EU離脱交渉の経緯に不満、2閣僚辞任のイギリス。「イギリスは混乱している」と、トランプさん。女王でもメイ首相でもいいので言ってやったら?「あんたにだけは、言われたくない。」

2018年度3000人リストラを発表しているNEC。
「更なる追加リストラ不要」と社長発言。
「赤字事業を削り、徹底的に効率化すれば、今のビジネスモデルでやっていける。」
それができないから3000人もカットするのでは? NECはまだしばらく苦労しそうですね。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada/


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2716回)

2018 7 10
20~60代、男女1000人にアンケート(楽天リサーチ)。
外出時の所持金は、平均1万5千円。5年前と比べ、1割減っています。

自分が現役のころ「年齢×1000円」と教わりました。
30歳なら3万円、50歳なら5万円。

これだけ財布にあれば、祝儀や部費の集金、予期せぬ飲み会など、急な出費が必要な時「持ち合わせが無くて」と言わずに済みます。
これ以上の額なら、それこそ「持ち合わせが無くて」も、恥はかきません。

日常生活で一番多い決済手段は今でも現金90%ですが、クレジットカードが82.5%で迫っています。

財布の中身が、現金からカードに変わったのも、キャッシュレス時代の反映と思いつつ、たぶん、職場で祝儀や部費の集金、帰り道のチョイと一杯が減っているのでしょうね。

年齢×1000円のほうが楽しいのと違います?

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada/

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2715回)

2018 7 9
新聞によって「首相動静」「安倍首相の一日」など、タイトルは様々ですが、前日、首相が何時に誰と会った、どこに出かけた、などが時間単位、分単位で書かれています。

数年前は大病に苦しんでいましたが、安倍総理、元気ですね~。
それなりの政治家は、他人に弱みを見せず、無理に無理を重ねていると思いますが、それにしても「首相の一日」を読むと、いったい、このパワーはどこからあふれ出るのか、いつ資料を読んでいるのか?

そんな中「終日、富ヶ谷の自宅で過ごす」日があります。

他人事ながら「たまには、のんびり休めたかな」と、こちらがホッとするのですが、よくよく考えると、IT、ネット時代、自宅にいても、誰も訪ねてこなくても、電話、パソコンで仕事は出来ます。
「終日、富ヶ谷の自宅」の意味はなんなのでしょう?

地方新聞はどう書いているか、千葉日報で調べました。
首相動静はなかったけれど「県幹部の動静」がありました。

知事、〇〇局長=不在、△△局長=午後不在、副知事、その他局長=在庁。

不在でどこに出かけたか、在庁で誰と会ったか、見事に何も記載なし。
いったい、この欄は何故存在するの?

全国紙が首相動静を書いているので、地方紙はせめて知事や局長の在不在くらい書こうというノリでしょうけど、在不在なら、インジケーターを見れば済む話。記者の付加価値ゼロですね。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada/

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2714回)

2018 7 7
愛用の腕時計。
ベルトはチタン。軽く、腕にフィット。10年前、女房からプレゼントされたのですが、女って図太い、大胆、どうせ買うなら、一生モノだし…デパートの時計売り場に出かけ、エッ、この金額の時計を買うの?!と思う間もなく、即断即決。

そのベルトがアウト。
幾つもの時計屋に相談したけれど、修理不可能。メーカーに戻し、チタンで新たに作り、2~3か月、概算で数万円。さすがに考えました。

チタンを諦め、市販のベルトに付け替えるならできますという時計屋が一か所。40年配、職人ムード漂う、好感の持てる人。この人に任せよう。

今度は私が即断即決。
付け替えベルト、私が手に取るのは黒とか茶。当たり前の展開です。
職人さん「無難な色より、どうせ替えるならこちらの色は?」
勧められたのは、深い青色と呼ぶのでしょうか、自分ではまず選ばない色でしたが、気に入った職人さんの一言。青にしました。

更に職人さん。
「そもそも、この時計は現場作業や運動に使うものではないですよ。壊れてしまったのも、もとをただせば手入れの問題。更に原因は、ホコリまみれで使い過ぎたことです。」

あぁ、そうなのか。では、どうすれば?
「ビジネス用、作業用、使い分けると気分転換にもなり、いいのでは?」

職人さんとばかり思っていましたが、彼は優秀な営業マンでした。
気が付けば、G-ショックのごつい時計をお買い上げ。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada/


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓(第2713回)

2018 7 6
必ず儲かるうまい話がある。

オレオレ詐欺同様、被害者の多くが高齢者です。
未公開株式、バリ島の不動産、年利10%の配当…

またまた、お叱りを頂戴しそうですが、こうした方々を「被害者」と呼ぶのに抵抗があります。

オレオレ詐欺は、息子のため、孫のため、なんとしても助けたいと思う心を騙す卑劣な行為。憎き犯罪者。被害者の悔しさはいかばかりか。

それに対し、必ず儲かるうまい話に乗るのは、自分のため、楽して儲けたいと思う心を逆手に取った悪徳商法です。
うまくいったら儲けもの。自分の判断で投資しています。

世間のイメージ、高株価、経営責任…様々な理由で、情報を隠し、不正を行う上場企業が跡を絶ちません。

こうした会社の株式を購入した人も、一様に被害者と呼べる?
こうした会社の株式を短期で売買しているデイトレーダーは被害者?

オレオレ詐欺の被害者と同列に扱う記事を読むたびに、こうした人たちが「被害者の会」結成で気勢を上げるのを目にするたびに、どこか違和感を持ってしまいます。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada/


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2712回)

2018 7 5
32都府県が、中学校運動部「週休2日」を決めたか、決める予定。
誰もホンネの議論をしないから、どんどん、子どもたちが被害者になっていきます。

発端は「教師の過剰労働、超過勤務の改善」でした。
道徳の教科化のため、教師の時間を確保したいという、おかしな思惑も見え隠れ。

ところが「大人の都合で子どもの自由を奪うのはいかがか」と、余計な声。
結果、「連日の部活の弊害」が取りざたされるようになりました。
昨日捕まった、文科省の幹部役人あたりが考えたのでしょうか?

「家族とのふれあい」「地域社会との交流」「健康被害」
「連日の部活の弊害」事例ですが、バッカじゃない?

生意気盛りの中学生が、部活しないで自宅に帰り、家族のふれあいを楽しみますか?
土曜午後2時の防犯パトロールに参加しますか?
太陽の下で汗を流すより、ゲーセンに入り浸るほうが健康ですか?

日教組が強かった時代「教師の過剰労働」が問題視されず、日教組が解体寸前の今「教師も子どもも守る」話が急浮上。

自分自身も、二人の息子も、中学時代、連日の部活でクタクタでしたが、親は微笑ましく見ていてくれたし、コックリしながら勉強したし、今では考えられない量のご飯を食べたし。

櫻井よしこさんじゃあないけれど「政治家よ、教育委員会よ、目を覚ませ!」
タテマエだけの議論をするから、この有様です。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada/


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2711回)

2018 7 4
お茶の水女子大が2020年度から、性同一性障害、いわゆるトランスジェンダーの男性の入学を認める発表。他にも同様の検討をしている女子大があるそうです。

世の中の流れ的には、こうした動きに正面切って反対しにくいけれど…とんでもなく、イヤですね。

重い病気でも、誤診の話が跡を絶ちません。
トランスジェンダーだって、大いに誤診はあるはず。心の問題だけに、内臓疾患の誤診より、はるかに多く起こりそう。

逆に、診断を騙すこともできるかも。私はトランスジェンダーだと言い張られて、いいえ、あなたは違いますと、誰が言いきれます?

ポパイの入れ墨をしたがっちり男性が、女子大のトイレに入るのですか?

弱きを助け、強気をくじく。
性的少数者を助け、フツーの人をくじく話ばかりが目につきます。
こんな世の中、どこかおかしくないですか?

とはいえ、天下のお茶の水女子大です。入学試験に合格するのは、誰にとっても難しいでしょうね。
でも、フツーの女子が、試験会場に入ったら、隣の席にポパイ。さすがに、これって気が散るのでは。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada/


nice!(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2710回)

2018 7 3
郵便番号制度のスタートは50年前の7月1日。今年は50周年の節目です。

最初の2桁は「地域区分局」
63か所あるそうですから、大雑把に言えば都道府県を表している感じ。
3桁目は、特に集配量の多い局。

4桁目、5桁目は、区分局から枝分かれした小規模集配局。市町村のイメージ。
6桁目、7桁目は、住居表示の〇〇町といった細かな区域。何丁目、何番地の前の町名ですね。

つまり、郵便番号制度が確立しているおかげで、都道府県、市町村を宛名書きから省略できるのだそうです。
理屈の上では、その下の〇〇町まで省略できそうですが、日本郵便は「町名以下は必ず書いて。」

すごいですね~。
誤読率は1%以下。

半年先の話ですが、来年の年賀状、都道府県、市町村を省略して100枚出してみようかな。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada/


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2709回)

2018 7 1
訪日外国人増加が原因か、海外旅行の日本人がそうと知らずに持ち帰るのか、偽100ドル札が増えているそうです。

ロンドンで暮らした1990年代。
ある時期、ポンドの偽札が大流行しました。

スーパーのレジで紙幣を渡すと、店員がイチイチ光にかざし、透かしを確認するのです。マニュアルに従っているのでしょうけれど、偽札犯みたいで嫌な感じ。なかには、こちらをジロリ見てから、おもむろに紙幣を光にかざす店員まで。

あんまり腹立たしいので、お釣りにもらった紙幣を、光にかざして透かしチェック。店員は心底、嫌な顔。ザマ~ミロ。

後ろに並んでいたイギリス人たちが揃って拍手と笑い。
彼らも店員の透かしチェックに、嫌な気持ちでいたのでしょう。

100ドル札の偽札が増えているなら、当時のロンドン同様、店員が透かしチェックするのが早道かも。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada/


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンの窓 (第2708回)

2018 6 30
江夏の21球。
1979年。日本シリーズ第7戦。9回裏。
近鉄初優勝に立ちふさがった力投。スクイズ外しは故意か?偶然か?

イチローのミラクル。
2009年。WBC決勝戦。10回表。
韓国投手の横を掠めセンターにラインドライブ。糸を引くとはこのことです。

松井秀喜の5打席連続敬遠。
1992年。明徳義塾戦。
日本中が松井を認知した日になりました。

ドーハの悲劇。
1993年。ワールドカップ アジア最終予選イラク戦。
後半ロスタイムの失点で、その後の日本サッカー界は大きく変わりました。

そんななか、
2018年。ワールドカップ予選 ポーランド戦。
擁護する人は「ボール回しはルール内」というけれど…
「ロシアの茶番劇」というより「日本の悲劇」

なんとも悔しい戦いでした。
江夏、イチロー、松井、ドーハのように、年月が経過しても色あせない思い出にはなりません。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/y-okada/


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感